754円 ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム 50g 乾燥肌用薬用クリーム ヘパリン類似物質配合 医薬部外品【在庫有】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 皮膚 754円 ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム 50g 乾燥肌用薬用クリーム ヘパリン類似物質配合 医薬部外品【在庫有】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 皮膚 ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ 乾燥予防 メール便送料無料 格安店 ヒルセリンクリーム 50g ヘパリン類似物質配合 医薬部外品 乾燥肌用薬用クリーム 在庫有 ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ 乾燥予防 メール便送料無料 格安店 ヒルセリンクリーム 50g ヘパリン類似物質配合 医薬部外品 乾燥肌用薬用クリーム 在庫有 乾燥肌用薬用クリーム,ヘパリン類似物質配合,/capitatum1893555.html,医薬部外品【在庫有】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 皮膚,【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム,haoming.jp,50g,754円,ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 乾燥肌用薬用クリーム,ヘパリン類似物質配合,/capitatum1893555.html,医薬部外品【在庫有】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 皮膚,【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム,haoming.jp,50g,754円,ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防

ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ 乾燥予防 メール便送料無料 格安店 ヒルセリンクリーム 2020 50g ヘパリン類似物質配合 医薬部外品 乾燥肌用薬用クリーム 在庫有

ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム 50g 乾燥肌用薬用クリーム ヘパリン類似物質配合 医薬部外品【在庫有】

754円

ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム 50g 乾燥肌用薬用クリーム ヘパリン類似物質配合 医薬部外品【在庫有】








\
内容量50g
成分有効成分:ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム
表示指定成分:ミリスチン酸イソプロピル、セタノール、 エデト酸二ナトリウム、 パラベン
仕様【効果・効能】
●肌あれ、あれ性。
●あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ
●肌を整える、皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える
●皮膚を保護する、皮膚の乾燥を防ぐ。
生産国日本製(Made in Japan)
備考●お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。お肌に合わないときはご使用をおやめください。
●天然由来成分を配合してますので、保管状況によって色調に多少の違いが生じる場合がありますが、ご使用に問題ありません。
●高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所を避け、キャップをしっかりしめて保管してください。

注意事項※実際の商品の色になるべく近いかたちで掲載しておりますが、モニターの違いなどで実際の商品と色味が異なる場合がございます。予めご了承ください。
※複数店舗を運営しておりますため、ご注文の入れ違い等で欠品などになってしまう場合がございます。万が一、発送が遅れる場合は、ご注文受付当日中にご案内差し上げます。誠に恐れ入りますがご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
メーカー株式会社コジット
区分日本製・医薬部外品
広告文責エルスタイル(株) 092-725-1208

ヘパリン類似物質配合の薬用保湿クリームで肌荒れ・乾燥予防 【メール便送料無料】ヒルセリンクリーム 50g 乾燥肌用薬用クリーム ヘパリン類似物質配合 医薬部外品【在庫有】

横浜サトウクリニックではこのようなご相談にお答えしています。

  • ・がんの診断を受けたが、どんな治療を選択したらよいかわからない
  • ・抗がん剤治療を行っているが、新しい治療法を探している
  • ・自分の症状で治療してもらえるのかわからない
  • ・今のがん治療の他に温熱療法を併用したい

横浜サトウクリニックは創業33年、免疫療法を中心にがん治療、術後の免疫回復、免疫が低い方の体質改善を行っています。全国に協力病院がありますので、遠方の方でもお近くの協力病院で治療を受けることができます。
ご質問などがありましたらお気軽にお問合せください。

 >> お問い合わせはこちら

免疫監視療法 早わかり

【割引クーポン配布中】【試供品プレゼント】 1回のご注文につき1個 ラミネートサンプルギフト トカラ ノエビア トカラの海のギフトセットS ノエビア化粧品 7384

\セール/ Clarity 小型 省エネ ペルチェ式 消臭 静音 除湿機 カビ予防 照明 部屋干し 軽量 静音 ミニ コンパクト どこでもカラリ j2105WH |除湿器詳しい資料を送ってもらう

診療時間と受付時間について

曜日 受付時間 診療時間
火~金曜日 9:00~11:30 10:00~12:30
13:30~16:30 14:00~17:30
第3土曜 9:00~11:30 10:00~12:00
・月曜日は窓口業務のみとなります。
・休診日は、第三土曜日を除く土曜日(※)、日曜日、国民の祝日および休日(年末年始・夏季休診あり)
※土曜日の診療は変更になる場合もございますのでご確認ください。
≪当クリニックは完全予約制となっております≫

お問合せ 診療案内・受診の流れ カラーボックス 本棚 四段 2個セット 木製 木目 収納 書棚 ラック 棚 横置き可 コミック おしゃれ 薄型 スリム 本箱 子ども 子供?アッシュ シャビー ナチュラル ブラウン ホワイト 白 本棚 棚 薄型 スリム カラーボックス アッシュ セット 2個セット 4段 収納ボックス 収納ラック 薄型ラック スリム収納棚 収納 ラック 単行本 本 漫画 コミック 棚 CD DVD BD 幅42cm 奥行17cm 高さ89cm 一人暮らし 子供部屋 シャビー ナチュラル ブラウン ホワイト 白

当院の免疫療法について

私たちは細菌・真菌・寄生虫やヴィールスなどの外敵やがん細胞から身を守る免疫監視機構という防衛システムをもっています。この大切な役割を担っているのが白血球です。特に重要な細胞がマクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞と呼ばれ、わたしたちの身体に障害を与えようとする敵を見つけ、攻撃指令を出す、いわば見張り兼司令官役の細胞です。

免疫監視療法は、BRPというワクチン様物質を投与することで患者様の体内で樹状細胞などの抗原提示細胞を活性化し、がん細胞を攻撃するためのリンパ球を誘導する治療法なのです。

免疫細胞は活性化するとインターロイキンやインターフェロンといった免疫活性物質を産生します。横浜サトウクリニックでは、免疫治療の際にこの活性物質の産生量を測定することで患者様一人一人の免疫の活性度を判定しています。

温熱と免疫の相乗効果でより治療効果を高めるために、温熱療法(ハイパーサーミア)も併用しています。

 >> より詳しい治療説明はこちら

当院で測定可能な血液検査について

○アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査について

従来の「がんマーカー」では発見できない様な微小な「がん」を発見できると言われています。現在、「がん」が、発生しているかどうかがわかる血液検査です。

○CanTect がん遺伝子検査について

「発がん」に関係する遺伝子の変異を知る事で現在から将来にかけての「発がん」の可能性を判定する血液検査です。

○サイトカイン検査について

現在の自分の免疫力を知る血液検査です。

 >> より詳しい検査のご説明はこちら

ごあいさつ

医療法人社団自然会横浜サトウクリニック院長 佐藤 忍

1985年
私立杏林大学医学部卒
1997年
群馬大学大学院医科学研究科卒
1985年~1991年
東京女子医科大学第二外科勤務
1992年
高崎サトウクリニック院長就任
1994年
横浜サトウクリニック副院長就任
1995年
横浜サトウクリニック院長就任
2000年
医療法人社団自然会横浜サトウクリニック理事長就任

健常人でも毎日数千個のがん細胞が発生しているといわれます。
それにもかかわらずがんにならないのは「免疫監視機構」が働いているからです。 「免疫監視療法」は、がん患者さんや難治性免疫疾患の「免疫監視機構」の 機能低下状態を改善するため、体外より免疫刺激を加え、「免疫監視機構」の正常化をはかり抗がん活性などを誘導する療法です。

「免疫監視療法」は、細胞性免疫の研究に基づいてこれまでにいくつかの改良や工夫を加えながら今日の治療法にたどり着いていますが、もっとも大きな変化を遂げたのは、1980年代後半です。それまでは、健康な成人のリンパ球を移入する方法(免疫監視機構改善療法)を実施してきましたが、数多くの臨床を重ねる中で、症状が改善したがん患者さんの胸腹水から分離精製されたBRPを活用することで、治療効果はもちろん、安全性も格段に向上しました。
この治療を受けられているがん患者さんのほとんどが進行がんの方々ですが、放射線や抗がん剤のような耐えがたい副作用はほとんどなく、患者さんのQOL(生活の質)は大きく改善されます。
免疫監視療法の治療効果が出るまでには、少なからず時間がかかっていました。温熱療法を組み合わせることによって、効果出現の時間を短縮することも可能となります。「温熱免疫監視療法」は、末期のがんになっても、希望をもってがんと闘える治療法です。そして、身体に優しい治療法として、当クリニックのがん治療の新たな可能性を開いていくものと確信しております。